忍者ブログ

  birds which write poems  

                                                                                                  歌を詠む鳥

水 無 月 の 景


北部九州

水無月も残すところあと数日となった昨日やっと梅雨入りし

今朝は らしい雨 が降っています



統計をとりはじめてから最も遅い梅雨入りだそうで

NHK大分放送局の気象予報士も

私が認識してるだけでも 3回 予想を延期しました



いまは農業用水路が張りめぐされていて

克ってのような水争いはないが

水が足りなくて田植えが遅れているという声を

何ヶ所かで聞いていたので

やれやれ と 言ったところです



水瓶座の所為か

災害さへなければ梅雨は好きな季節です



 


一枚くらいは鳥の写真をと思うが今年はアマサギも見かけない



* 水に生まれ水に還らむ身とも思ふいま源流に詩歌は満ちて *


* 梅雨にこそにつぽんの美は極まると友云ひこしぬ水無月の夕べ *






























PR

差 羽 の 章


サシバ / 差羽    タカ目・タカ科    夏




 



マダニ事件では

数名の方からお見舞いのTELをいただいたりして恐縮しております

ご心配をおかけしましたが

往還では五月雨に濡れて緑を増した風景を撮影したりしながら

仲間が見つけたサシバの新・ポイントに通うなどの余裕を見せて

元気にしております



ただお見舞いのTELをいただいた

隣県の鳥友によると

ご夫人が医療関係に従事しておられるとのことで

その奥方のお話しによると

ウイルスを持つマダニの毒性の潜伏期間は10日から2週間

まだ油断しないほうがよろしいということです



この10日から半月という期間の長さは

これまでお世話になってきた皆さんに

取り敢えずお別れのご挨拶などしながら過ごすのには

絶妙の時間ではないか

(@_@;)

などと思いながらも

その実は

だ~れにもそんなご挨拶はしておりません

(^-^)



そんなこんなで極めて息災にしております



受診した県立病院の皮膚科の医師のお話しによると

この夏はマダニの患者が例年よりかなり多いそうで

5月だけでも10名強が来院したそうです

わたくしめの例を他山の石として

皆さんもご注意ください



















大    地


昨早朝

今季初のホトトギスの鳴き声を聞いた直後

仲間から貴重な夏鳥の情報が飛び込んできました

自身の撮影やご案内で忙しくなりそうです



 


暮るるかとみればあけぬる夏の夜をあかずとや鳴く山ほととぎす    壬生忠岑



三十六歌仙の一・
壬生忠岑が

夏の短夜を詠んだ一首です



皆さんも寝不足にご注意ください


















プロフィール

HN:
HOKKE
性別:
非公開

カテゴリー

最新記事

RSS

リンク

P R