忍者ブログ

  birds which write poems  

                                                                                                  歌を詠む鳥

終     宴



カワヅザクラ・カンヒザクラ・ヒガンザクラ・シダレザクラ・エドヒガン・ソメイヨシノ



etc



やっと終わりました



それぞれのよさがあるが

自分はなんといってもヤマザクラ派

それも数年前からはお気に入りの場所にばかり通っています

今年も

まったく気配がない時期から

芽吹き・ふくらみ・開花し・満開となり・散り終えるまでの一部始終を

しっかりとこの目に焼きつけさせていただきました
 
しかも 別に隠してるわけではないが殆ど人影を見ず

その一望をほぼ独り占め状態での鑑賞です



明日あたりで終わりだなと思った最終盤の夜 春雨が降り

翌日雨上がりに駆けつけて待つと

霧が流れる中に

幻想的な風景が浮かび上がりました

今年もこれを見せてくれたか !!! と しばし感動 !!! に浸りました



やっと終わってほっとしています

あんなのにいつまでも咲いていられたんじゃあ

たまったものじゃございません



そして葉桜・・・新緑の季節へと進み

間もなく改元です




 




咲いてる間にオオルリにお目にかかりたい !!! の願いは

今年も叶いませんでした

サクラオオルリはならず !!!

















PR

鎮 西 身 延 山


昨秋旅をしたタイでは

特に意識して

寺院を訪れたわけでも僧侶に会う機会があったわけでもないが

市井の人々の営みを通じて感じた仏教の根付き方は

かなりの驚きだった

そして

小乗仏教と大乗仏教には

プロとアマチュアほどの違いが感じられ

小乗仏教に比べると大乗仏教のそれはオサムイものという印象だった

ある人は

大乗仏教はインチキだとまで評するが

その後の学びの結果 自分はそこまでは思わない

先人は

日本人特有のバランス気質に則した教義を広めたのだと思う

特定の教団にでも属していないかぎり

日本人の宗教観は大らかなもので

宗教戦争などはまず起こりえない

自分も「 HOKKE 」などと

ご大層なハンドルネームを名乗っているが

ご先祖が選び繋いできた教えに帰依しているだけで

さほどの宗教心があるとは思えず

宗祖・日蓮上人が知ればお叱りを受けそうなオサムイものだが

それが一般的な日本人の宗教気質なのかもしれない



 



他国に根付いた宗教観を羨み無い物ねだりをしても仕方ないので

ご先祖が選択し繋いできたものを

もう一度学びなおしたいと思っている





2019 ( 平成 ⇒ 令和  元号移行年 )・春

鎮西身延山・本佛寺にて




























旅 立 ち の 季 節


鉄路を彩る菜の花が目立ちはじめると列車を撮りたくなる

更に季節が進むと桜がらみで撮りたくなる

桜がらみはどうしても駅になる

今年はあの駅この駅と桜が咲く前から下見をし

桜が盛りの頃を予測して出かけた



居るわ 居るわ

鉄道ファンてのは多いんですねえ!

この駅がよかろう

と思って出かけた駅

即ち人気駅で桜が盛りの時期は

一人でゆっくりポジションを決めて撮るなんてのはとても望めません



 



そのかわりたくさんの情報が入手できます

あと数日したらあの駅の桃が満開になる

あと数日したらあの駅の桜が満開になる

「 ななつ星 」はどこを何時頃通過する

「 或る列車 」はどこを何時頃通過する




etc

それぞれの好みの問題でしょうが

自分は「 ななつ星 」よりも「 或る列車 」よりも

「 ゆふいんの森号 」のファンで

ローカルの通勤通学列車の素朴な走りも好きです




































プロフィール

HN:
HOKKE
性別:
非公開

カテゴリー

最新記事

RSS

リンク

P R