忍者ブログ

  birds which write poems  

                                                                                                  歌を詠む鳥

二月の花よりも紅なり


毎年季節になるとなんとなく撮ってしまうのは

春の桜と秋の紅葉

前年のものと比較しても

一向にかわり映えしない構図

成長しない自分との出会いは

悲しく 且つ 寂しいことです



 

嗚呼

悲しかりけり

嗚呼

寂しかりけり





























PR

久 大 本 線 秋 雨 し ぐ れ


先日 秋雨のしぐれる久大本線沿いの道路を走っていると

由布市を過ぎ大分市にかかるあたりで

三脚を立て撮影準備をしている若者をみかけた



はは~ん

なにか特別な列車 が来るんだな

よし自分も撮ってやろう



1kmほど離れた撮影しやすいポイントに移動して待つこと数分

近くの踏切の警報機が鳴り始め

列車がやってきた



近くの駅を結ぶを二両車

ありゃりゃんりゃんこりゃりゃんりゃん

急いでるわけではないしもう少し待ってみるか

しばらく待つと

また踏切の警報機が鳴り始め

こんどは逆方向から きたきた~!



これも在来の色違いの三両車

ありゃりゃんりゃんこりゃりゃんりゃん



あのニイチャンはこれを撮るために

小雨の降る中を待ってたのかよ~!

撤収!撤収!

ぶつぶつ言いながら

ゆっくりと三脚を畳み片付けていると

また踏切の警報機が鳴り始めた



ありゃりゃりゃ!

三脚なしの手持ちで構えていると

きた~~~!

ゆふいんの森号 だ~!



 



JR久大本線は大分駅と久留米駅を結ぶ在来線

沿線には 湯布院 や 日田 などの観光地もあるが

主に山間部を走りトンネルも多く

なべて殺風景で

雨か雪でも降らねば情緒はない

と思うのは

自分の主観であり

このローカル線を愛してやまないファンもいるらしい

JRが

「 七つ星 」 ・ 「 ゆふいんの森号 」 ・ 「 或る列車 」

を走らせる所以か




さすがに 「 ゆふいんの森号  」は

それなりの風格を見せて現れたが

通過時刻を調べた上で

これらの列車を待とうとまでは思わないのは

嗜好と同じで

それぞれの好みということか

















菅 尾 石 仏 火 ま つ り


このところ夜遊びが続きます

夜なら涼しかろうと出かけるのですが

被写体をもとめて動き回ると結構汗だくになります

やはり今夏は異常だ



仲間も お星さまだ・お月さまだ・花火だと

夜遊びに忙しそうだ



 


* われ男の子 夏は夜の子 忍びの子  風呂敷背負ひ 頬かぶりして *


なに~~~!!! それじゃあ 泥棒さんじゃないか!













プロフィール

HN:
HOKKE
性別:
非公開

カテゴリー

最新記事

RSS

リンク

P R