忍者ブログ

  birds which write poems  

                                                                                                  歌を詠む鳥

大    地


昨早朝

今季初のホトトギスの鳴き声を聞いた直後

仲間から貴重な夏鳥の情報が飛び込んできました

自身の撮影やご案内で忙しくなりそうです



 


暮るるかとみればあけぬる夏の夜をあかずとや鳴く山ほととぎす    壬生忠岑



三十六歌仙の一・
壬生忠岑が

夏の短夜を詠んだ一首です



皆さんも寝不足にご注意ください


















PR

童 は 見 た り


♪ わらべは見いた~り 野中のば~ら ♪


誰もが知っていて一度は口ずさんだことがあると思う

ー 野ばら ー

ドイツの詩人ゲーテの

その詩の美しさに魅せられて

多くの作曲家が曲をつけたそうだが

日本では

シューベルトとウエルナーの作品が有名で

♪ わらべは見いた~り ♪ のほうがシューベルト

♪ わ~らべ~は見たり ♪ のほうがウエルナーだった

? かな ?



自分も

小学校( 中学校? )の音楽の時間にどちらも学んだと記憶しています



 



この時期

あちこちで白い花を見せ

川辺ではその白を川面に映して見事です



当地では

ある場所でピンクの野薔薇を見ることができます

御地はいかがですか

もし未見でしたら

おいで おいで

まだ一週間くらいは大丈夫と思いますよ





















三  光  鳥


なかなか撮らせてくれない

前に・・・なにかがあってピンがこない

冴えないが

今季初撮りなれば



 



例年この時期はクマノミズキの白い花が目立つ



のだが



ほかは知らないが

今年は自分の行動範囲ではほぼ壊滅状態

集中的にクマノミズキを食い荒らす

毛虫が発生したものと判断しているがどうなのだろう

こころなしかお山が寂しい

次のヤマボウシあたりは

きれいな姿を見せてほしいものです



















プロフィール

HN:
HOKKE
性別:
非公開

カテゴリー

最新記事

RSS

リンク

P R