忍者ブログ

  birds which write poems  

                                                                                                  歌を詠む鳥

本 日 の 主 役


ここには

留鳥あり夏鳥あり旅鳥あり

数種の可愛い小鳥たちが嬉々として飛び交っているが

本日の主役は 「 ハシブトガラス 」 である

このハシブトガラスには名前があり

その名をカンスケという

命名者はこの地を愛してやまない仲間だが

カンスケもこの仲間に厚い信頼をおいており

いまではこの地の小鳥たちを

猛禽類から守る監視役に任命されている




もとをただせばこのカンスケの先祖は軍師であった

いまを遡ること数百年前

甲斐の国・武田信玄に仕えて大軍を動かしていたのだ

その名を 山本勘助という

この山本勘助については

実在していたかどうか不明という説もあるが

川中島の合戦の際には

自分の先祖も侍大将として参戦し

山本勘助の指揮下にあったと伝え聞いているので

実在していたことは間違いない



 



その山本勘助の子孫がこの地に流れつき

この地で小鳥たちを守るための

智略を練っていることに感慨を覚える




なんてえ物語はいかがでしょうかね

ついでに

「甲斐の国」という音の響きのよさに寄せて

甲斐はわが恋人の旧姓なり

なんてえ物語も作ってみたくなる

秋雨に籠もる一日でございます




















PR

蝦  夷  鶲

エゾビタキ


当地では比較的ポピュラーな旅鳥です

クマノミズキの実を啄みに

さかんに出入りしていました




 




この時期

県民の森を通過する旅鳥としては

いちばん早く姿を見せる














秋 雨 に 唄 え ば


ここには

ポピュラーな鳥もいれば珍鳥もいる



そのことは自分の中ではさほど重きを為さない



 



どんな鳥であろうとも

その鳥たちが

季節の風景に彩りをそえる

点描となってくれることを祈りつつ




















プロフィール

HN:
HOKKE
性別:
非公開

カテゴリー

最新記事

RSS

リンク

P R