忍者ブログ

  birds which write poems  

                                                                                                  歌を詠む鳥

大野川ふたたび




かっては更に水量が多く

少年たちは

2mほどに伐った孟宗竹を浮き輪がわりにして

渡泳を競ったという


 


悠久の大河

PR

高 原 の 風




5月5日はこどもの日

おいらも立派なこどもだからどこかへ出かけねばなるまい

シギチを見に遠征するつもりだったが

報道によると自動車道はすごい混雑

急遽変更して高原へ向かった




変えて正解

あこがれのイカリソウに出遭えました

イカリソウにもいろいろあって

種の特定が自分のような素人では難しそう

乱暴な話だが

肥後で遭ったからヒゴイカリソウということにした

信じてはいけませんよ

信じていいのは

「イカリソウ」の一種だということだけ




次のターゲットはサギソウだな



 



高原には

爽やか~な風が渡り

越夏と思われるノスリが舞い

近くにはハルリンドウが群生していました

フデリンドウより華やかな感じ





こどもの日だからと

昼食には肥後の赤牛ステーキとノンアルを奮発

ちょっと高かったけど

結構なお味でした





* NONだといえど 「こども」 がビールを飲むか!よ~う! *

クルーズトレイン



先日来また寒波襲来

雪の予報もあったが当地では降らず

しかし遠望する豊後富士の冠雪はかなりの白さ

 
左・豊後富士(由布岳) 右・鶴見岳



これなら由布院あたりまで行けば雪景色の中の鳥が撮れるかも

と足を延ばした


途中・庄内あたりの雪景



が・・・鳥はな~んにも居ない

雪景を見渡していると

一人の青年がカメラを提げて跨線橋の上に・・・

もしかしたら「ななつ星」か

駆けつけて聞くと 

まさに・・・もうすぐ通過するという

よし!きょうはこれだな



南由布駅で離合待ちの「ななつ星」



「ななつ星」が待つ南由布駅に入るローカル列車





由布院駅から南由布駅へ向かう「由布院の森」号


「ななつ星」が待つ南由布駅に入る「由布院の森」号


南由布駅を出発した「ななつ星」


由布院駅へ向かう「ななつ星」



雪景の中の「ななつ星」なんてめったにお目にかかれませんよと

サポートしてくれたマニアの青年

ありがとうございました

「ななつ星」は初撮りです


ちなみに「ななつ星」の料金は

DXスイートA3泊4日 1,000,000超 と高額なれど

撮影料は無料です

(^-^)





この日の湯布院は時折り吹雪いていました


軒下の玉ねぎゆらす突風や 詩作にふける猫を驚かす



プロフィール

HN:
HOKKE
性別:
非公開

カテゴリー

最新記事

RSS

リンク

P R