birds which write poems  

                                                                                                  歌を詠む鳥

秋 の 宴




ゲンノショウコ



ゲンノショウコ白色系



タマゴタケ



タマゴタケ



推定400メートル前方の杉にとまり辺りを睥睨するサシバ






恒例行事の開会時間についてお問い合わせがありましたが

開会セレモニーなどは一切ありません

昼前の空き腹が鳴りだした頃のんびりとお出でください

11時頃から三々五々集まって

七瀬川の流れのようにゆるやかに始まり

秋の味覚に舌鼓をうちながら談笑

時折

七つの瀬が奏でる水音のような

爽やかな歓声があがる集まりです

当日の飛び入り参加もOKですが

できれば8日くらいまでに舟平橋下の右岸に着くよう

笹舟にメモを乗せて参加意思をお知らせください

飛び入りでは

あなたにだけ天然鮎の塩焼きがゆきわたらない恐れがあります




3日18時現在21艘の笹舟が到着しています







遠来のバーダーの方には

台風の影響で増えそうな水量が

落ち着いてくれることを祈りながら

早朝から鳥撮ができるよう準備中です

一 薬 草 の 林 か ら


県民の森



大分県 県民の森は

大分市西部から豊後大野市北東部にかけてひろがる

4472haにも及ぶ広大な森で

多くの動植物を育む

底知れぬ力を秘めた森である



この森を守るのは

廻栖野の「県民の森管理事務所」

幹線道路は無論のこと

数百単位と思われる枝道の散策路も

この時期 まめに夏草が刈られ気持ちいい



時として

鳥の営巣木が伐られたり

美しい山野草が刈られたりするが

広大な森のこと

そこまで気配りを求めるのは酷であろう

総じて

日々ご苦労さまと感謝するほかない




さて 数日前の仲間のブログで

イチヤクソウが

盛りを終えようとしているが

中にはこれからのものも少しあることを知った



かの場所は

きれいな榊が群生する場所でもあるので

少しいただくついでに

綺麗なイチヤクソウも撮影して来ようと思い出かけた



散策路に分け入ると

ここも夏草が綺麗に刈られていて気持ちいい



数歩進んで ハタと思った

こりゃあイチヤクソウも刈られてるぞ!

数分進んで現地に着くと

案の定である



ありゃりゃんりゃん こりゃりゃんりゃん!



わけのわからぬ独り言をつぶやいていると

近くにアオゲラがやってきて

ゲラゲラ笑う



うるさい奴だなあ

お前がそんな声で鳴くから

イチヤクソウが刈られてしもうたじゃねえか



ほ~う

おいらが鳴くことと

イチヤクソウが刈られたことに

どんな因果関係があるんじゃ



なに~! 人間様に逆らうか~!



あまえが人間様なら こちとらは鳥様じゃ~

文句あるか! ケケケケケ



むむむむむ

なんとか論破してやろうと思うが

どう考えてもこちらのほうが分が悪い



ごめんごめん

おまえさんが鳴くことと

イチヤクソウが刈られたことには

なんの因果関係もございやせんでした



ケケケケケ ゲラゲラゲラ



謝ってるのに まだ笑うか

そちらがそう出るなら こうしてやる!




パチパチパチパチパチ!




あちゃ~! 撮られた~~~!

HOKKE わが( おまえ )おぼえちょけ( おぼえてろよ )

こんかたきゃあ( この仇 は )

ものんつうかつはつかつ( ものの 10日と20日と )

たたんうちい( たたないうちに )

とっちゃるきのう( とってやるからのう )



ちゅうち( と言って )
 

林の奥へと去りにけり~~~!



 



・・・と・・・いうわけで

イチヤクソウの花の写真をUPできるのは

早くとも350日後になります

着 地 点



あ れ こ れ



 



小生

ご先祖さまと相談し 熟慮の結果

ナンデンカンデン屋に着地点を見つけました


プロフィール

HN:
HOKKE
性別:
非公開

カテゴリー

最新記事

RSS

リンク

P R