birds which write poems  

                                                                                                  歌を詠む鳥

大 葉 馬 鈴 草



自然にふれていると

ときとして とんでもないものに遭遇する


なんじゃ~! こりゃあ~!???


先日偶然見かけたユニークな花

どうしてもわからない時は 

野草に詳しい I 先生を思い出す

やはりご存知でした

「オオバウマノスズクサ」



希少種のようで

「オオバウマノスズクサに遭えたとは ラッキーですねえ」

と言われたので オッチラコッチラ 撮り直しに行った
























オオバウマノスズクサ / 大葉馬の鈴草

ウマノスズクサ科ウマノスズクサ属

蔓性多年草




その名の由来は諸説あるようですが

花の形態が

馬に懸けた鈴の様子に似ていることから付いた和名

というのが定説のようです



「オオバ」がつくのは

仲間のウマノスズクサに比して葉が大きいから

という単明な理由です

植物の観察を真面目にやるのなら葉も写して来い

と言われそうですが失念しました

「植物学者になるわけでもなし 図鑑を作るわけでもなし」

などと言い訳しつつ・・・(;一_一)

この イイカゲン さ

前に 「ちょうど」 をつけて文字変換すると

「ちょうど良い加減」



HOKKEの持ち味でございます




この姿で

花言葉が「乙女のしとやかさ」というのには

??? です ??? が ???




古来 薬草として知られるそうですが

門外漢のわたくしめには詳しくはわかりません



プロフィール

HN:
HOKKE
性別:
非公開

カテゴリー

最新記事

RSS

リンク

P R