birds which write poems  

                                                                                                  歌を詠む鳥

寅 さ ん




ぶら~っと奥別府へ

上がって行く途中

下りてくる 週1,5バーダーの仲間に遭遇

窓越しに情報交換すると

葛飾柴又から 寅さんがマドンナを連れてきてたという

おっ! 

寅さんには3年ほど遭ってない

下って行くというのを

お安~~~い昼食をちらつかせて

強引に引き返してもらった



 



寅さんは さくらの お兄さんである

さくら の息子は満男君である

即ち

満男君は寅さんの甥である

この甥の満男君に寅さんが恋の手ほどきをする

その手腕たるや なかなかのもの



寅さん自身の恋は実ったことがない

次々とマドンナが現れるがいつもうやむやになってしまう



この日来ていたというマドンナは

チラッ!と見かけただけなので

そのマドンナが

吉永小百合だったのか

浅丘ルリ子だったのか

はたまた

ほかのマドンナだったのかは定かではない




こんな時は

情報提供者より上手に撮らないのが礼儀であるが

それは容易にクリアした





プロフィール

HN:
HOKKE
性別:
非公開

カテゴリー

最新記事

RSS

リンク

P R