birds which write poems  

                                                                                                  歌を詠む鳥

黒  鶫


クロツグミが

嘴に余るほどの餌を咥えて飛び去った

??? 早くも子育て ???

それはいくらなんでも早すぎるやろうと思いながら

画像を拡大して確認すると

咥えていたのは巣材でした・・・納得




 





近くでは小型の白い蝶が飛び交っている

県民の森のメイン道路周辺の低所でも高所でも

至るところでおびただしい数が乱舞している

ある仲間は佐賀関半島でも見たという

こんなことに造詣の深い仲間に

??? モンシロチョウの異常発生 ???

と尋ねると

HOKKEさん これは 蝶 ではなく 蛾 だよという

なになに 蛾 かよ~!

年によって時折りこんなことがあるというが

自分の記憶にはない



帰宅して検索してみたものの

これだ!というものにヒットしないというか

自分は

こんなことをじっくり調べる能力が欠落している

ふと

「 ときめき昆虫学 」のメレ山メレ子さんを思った


http://fusikaden.blog.shinobi.jp/%E8%AA%AD%E3%82%80/


このユニークなペンネームを持つ作者の父君は

鳥仲間のS氏

もしかしたら父君を通じて教えてくれるかも

などと安易な道を選び検索を中断した





 





メレ子先生

是非ともご教示くださいというわけではございません

お忙しい時はご放念ください

プロフィール

HN:
HOKKE
性別:
非公開

カテゴリー

最新記事

RSS

リンク

P R