忍者ブログ

  birds which write poems  

                                                                                                  歌を詠む鳥

八 月 十 五 日


数年前から

年賀状も暑中見舞いも止めた

それでも律儀に下さる方が数名います

ありがとうございます

一昨日いただいたのは

すでに 「 残暑お見舞い申し上げます 」

季節は移ろう

先日は早くも旅鳥の情報が入ってきました



そしてまたやってくる八月十五日

日本人にとって8月15日は格別の日だが

そんな追憶にひたる世代は少なくなる

自分が日清・日露戦争のことを知らないように



 



ことしは少し早めに墓苑の清掃をすませました



















PR

 影 迎 木


と、ある 小じんまりした八幡社の境内に聳える楠の大樹

尊名を えいげいぼく と称す



案内板には

北朝の延安元年 ( 1356 年 )

この楠に八幡大神の姿が現れたので

社殿を建てて祀ったと伝えられている

と記されている



推定樹齢 800年超

樹 高  30m

樹 囲  11m


県内には

某大社の推定3000年の楠をはじめ

大樹・巨樹にはことかかないし

九州各地にも数千年級の大樹が多数あり

その多くを見たが

この影迎木が

それらの先輩大樹に比肩する貫禄を見せるのは

この地の土壌の肥沃さと

この樹種としては

いままさに壮年期を迎えていることに起因すると愚考する



遠望すると

平野の一角に小高い丘のあるごとき錯覚を覚えるこの大樹に

パワーを戴こうと定期的に訪れる人も居るという




 




現存する人類の

誰も居ない時からここにあり

現存する人類が一人も居なくなったあとも

恐らくここに立ち続ける



いかなる大樹も

その樹齢は

古文書や地域に伝わる言い伝えによる

推定樹齢であり

たしかな実齢は誰も知らない














樹 陰 探 訪


花も散って

日ごとに緑を深める五月中旬

なんとも心地よさそうな桜の木陰を見つけた

広大な公園の一角で

下草も定期的に刈られる



ふむ

今年の夏はここで本でも読みながら過ごそう

あまり人が寄り付きそうにないのもいい

長椅子も準備して

HOKKEさんのすることに手抜かりはない





であったが

そんな目論見など

嘲笑うごとく木陰にも暑さは及ぶ

活動できるのは早朝だけですね

仕方なく日中はエアコンのお世話になっております




 




報道される

各地の最高気温に比べれば

当地はそれほどでもないのに

以前とは暑さの質が違うように思います

ご自愛ください













プロフィール

HN:
HOKKE
性別:
非公開

カテゴリー

最新記事

RSS

リンク

P R